ichioshi-netgroup

DVD、Blue-rayを探してみる

ハリウッドが選んだTOP100映画

2014年07月1日

ハリウッドのテレビ関係者や、映画会社、オスカー受賞者などが選んだ映画のTOP100が発表されました。
では、順番に・・・

ファンとしては嬉しい!ような、ちょっと複座雑なのが、TOP10に「ゴッドファーザー」と「ゴッドファーザーPARTⅡ」が入っている事ですかね? 「ゴッドファーザーPARTⅢ」は???と思ってしまいます(^^)

  • 1.ゴッドファーザー(1972)、
  • 2.オズの魔法使い(1939)、
  • 3.市民ケーン(1941)、
  • 4.ショーシャンクの空に(1994)、
  • 5.パルプフィクション(1994)、
  • 6.カサブランカ(1942)、
  • 7.ゴッドファーザーPARTⅡ(1974)、
  • 8.E.T.(1982)、
  • 9.2001年 宇宙の旅(1968)、
  • 10.シンドラーのリスト(1993)

「オズの魔法使い」。根強い人気☆ 私は見た事無いんですけど・・・。
で、結局「ゴッドファーザーPARTⅢ」は、この後もリストには入っていません(- -;)
「カサブランカ」が入るのなら、オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日(1953)」が入ってもいいのに・・・・。

  • 11.スターウォーズ(1977)、
  • 12.バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)、
  • 13.レイダース 失われたアーク(1981)、
  • 14.フォレスト・ガンプ(1994)、
  • 15.風と共に去りぬ(1939)、
  • 16.アラバマ物語(1962)、
  • 17.地獄の黙示録(1979)、
  • 18.アニー・ホール(1977)、
  • 19.グッドフェローズ(1990)、
  • 20.素晴らし哉、人生!(1946)

SF映画が続いてますかね?
19位にマーティン・スコセッシ監督の「グッドフェローズ」が入ってますが、私なら「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984)」を入れるかな?
何かと顔を出すデ・ニーロですが、この後も出てきます。

  • 21.チャイナタウン(1974)、
  • 22.羊たちの沈黙(1991)、
  • 23.アラビアのロレンス(1962)、
  • 24.ジョーズ(1975)、
  • 25.サウンド・オブ・ミュージック(1965)、
  • 26.雨に唄えば(1952)、
  • 27.ブレックファスト・クラブ(1985)、
  • 28.卒業(1967)、
  • 29.ブレードランナー(1982)、
  • 30.カッコーの巣の上で(1975)

いきなりジャック・ニコルソンの作品が2作品。やっぱ、この人の存在感って凄いですもんね・・・。
24位の「ジョーズ」が「なるほど」って感じ。
SF映画の金字塔とされている「ブレードランナー」が29位です。

  • 31.プリンセス・ブライド(1987)、
  • 32.スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980)、
  • 33.ファーゴ(1996)、
  • 34.アメリカン・ビューティー(1999)、
  • 35.時計じかけのオレンジ(1971)、
  • 36.フェリスはある朝突然に(1986)、
  • 37.博士の異常な愛情(1964)、
  • 38.恋人たちの予感(1989)、
  • 39.シャイニング(1980)、
  • 40.ファイト・クラブ(1999)

ケビン・スペイシーの「アメリカン・ビューティー」。48位に「ユージュアル・サスペクツ」と85位に「セブン」が入っているんですが、ケビン・スペイシーの演技に脱帽です☆
39位に再び出て来たジャック・ニコルソン。やはり、存在感あり過ぎ!

  • 41.サイコ(1960)、
  • 42.エイリアン(1979)、
  • 43.トイ・ストーリー(1995)、
  • 44.マトリックス(1999)、
  • 45.タイタニック(1997)、
  • 46.プライベート・ライアン(1998)、
  • 47.お熱いのがお好き(1959)、
  • 48.ユージュアル・サスペクツ(1995)、
  • 39.シャイニング(1980)、
  • 50.ジュラシック・パーク(1993)

入っていて当然の映画が続いてますが、46位にトム・ハンクスの「プライベート・ライアン」。マット・デイモンとの競演です。
ホラー系があまり好きではないからだと思いますが、「ジュラシックパーク」が入るんだ・・・とちょっと驚き。

  • 51.ビッグ・リボウスキ(1998)、
  • 52.イヴの総て(1950)、
  • 53.グッド・ウィル・ハンティング(1969)、
  • 54.明日に向かって撃て!(1969)、
  • 55.タクシードライバー(1976)、
  • 56.エターナル・サンシャイン(2004)、
  • 57.ダークナイト(2008)、
  • 58.サンセット大通り(1950)、
  • 59.テルマ&ルイーズ(1991)、
  • 60.アメリ(2001)

53位の「グッド・ウィル・ハンティング」は嬉しい☆ まだマット・デイモンが無名だった頃の作品で、親友のベン・アフレックと共同で脚本を書いたと言う作品。出演を断らなかったロビン・ウィリアムズがすばらしい☆★☆
55位に、あの「タクシー・ドライバー」。ロバート・デ・ニーロです。これに、娼婦役で確か12歳だったジョディ・フォスターが出演してます。因に「羊たちの沈黙」は、22位。
57位の「ダークナイト」。ヒース・レジャー急逝後に公開された映画ですね。余談ですが、遺作は、「Dr.パルナサスの鏡」で、撮影途中で亡くなったため、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウが代役を努めました。

  • 61.ウェストサイド物語(1961)、
  • 62.北北西に進路を取れ(1959)、
  • 63.グラウンドホッグデー(1993)、
  • 64.メリー・ポピンズ(1964)、
  • 65.レイジング・ブル(1980)、
  • 66.ライオンキング(1994)、
  • 67.アバター(2009)、
  • 68.モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(1975)、
  • 69.グラディエーター(2000)、
  • 70.めまい(1958)

ロミオとジュリエットと共に・・・というか、ロミジュリを現代版にした「ウェスト再度物語り」ですが、元々のロミジュリがランクインしてませんね(^^)
65位に再びデ・ニーロ。マーティン・スコセッシ監督とは、「タクシードライバー」「ニューヨーク・ニューヨーク」「キング・オブ・コメディ」「グッドフェローズ」「ケープ・フィアー」「カジノ」でタッグを組んでるんですね・・・・。最近のマーティン・スコセッシ監督はディカプリオと対になってる雰囲気ですが。。
私の好きな「アバター」。ラッスル・クロウの「グラディエーター」。ラッセル・クロウなら、「ビューティフル・マインド」もいいと思いますけど(^^)

  • 71.あの頃ペニー・レインと(2000)、
  • 72.ヤング・フランケンシュタイン(1974)、
  • 73.大統領の陰謀(1976)、
  • 74.ブレージングサドル(1974)、
  • 75.戦場にかける橋(1957)、
  • 76.ブロークバック・マウンテン(2005)、
  • 77.ゴーストバスターズ(1984)、
  • 78.12人の怒れる男(1957)、
  • 79.ウォーリー(2008)、
  • 80.波止場(1954)

ダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォード競演の「大統領の陰謀」。ウォーターゲート事件を扱った作品で、実際の事件が起きたのが1972年。ニクソン大統領が辞任したのが1974年なので、その2年後に公開された映画です。
写真を見るだけで胸がキュンとなってしまうヒース・レジャーですね。アカデミー作品賞に輝いた「ブロークバック・マウンテン」です。
78位の「12人の怒れる男」は、舞台で芝居を見ているような雰囲気で、ほとんど部屋の外のシーンはありません。秀逸ですよね〜。この映画。
「ゴッドファーザー」のイメージが強いですが、若かりし頃のマーロン・ブランド!の「波止場」★

  • 81.アマデウス(1984)、
  • 82.ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(2001)、
  • 83.ダイハード(1988)、
  • 84.インセプション(2010)、
  • 85.セブン(1995)、
  • 86.美女と野獣(1991)、
  • 87.ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)、
  • 88.スラムドッグ$ミリオネア(2008)、
  • 89.ブレイブハート(1995)、
  • 90.メメント(2000)

ダイハードが出てきました! 1作目が1988年で、2013年には「ダイハード/ラストデイ」が上映されました。ダイハード4では娘が出てきましたが、ラストデイでは息子でした。個人的には、なかなか面白い映画で気に入ってます。
84位の「インセプション」ですが、ディカプリオなら他にもあるだろう? なんて思いつつ、俳優ではなくて、これは全体的な作品からの選出なので、まぁ良しとしよう。
90位の「メメント」は、これは結構衝撃的なストーリーでしたよね。

ようやく最後の10作品!

  • 91.ロッキー(1976)、
  • 92.カールじいさんの空飛ぶ家(2009)、
  • 93.未知との遭遇(1977)、
  • 94.ディア・ハンター(1978)、
  • 95.ドクトルジバコ(1965)、
  • 96.パンズ・ラビリンス(2006)、
  • 97.フライング・ハイ(1980)、
  • 98.レザボア・ドッグス(1992)、
  • 99.俺たちに明日はない(1967)、
  • 100.7人の侍(1954)

あ、ロッキー・・・・。結局、見逃したまま今になっても見ていないスタローンの出世作です。
94位に再びデ・ニーロ。この方、やはり記憶に俳優さんでもありますし、作品も記憶に残る作品が多いんだな・・・。
98位にタランティーノ監督の「レザボア・ドッグス」ですが、5位に「パルプ:フィクション」が登場してます。「レザボア・ドッグス」は、当時かなり話題になりましたが、香港映画のリメイクでした、が、ハリウッドの映画を変えた作品です。
最後に、ちょっと笑えるのが100位の「The Seven Samurai(1954)」とあるのですが、これ、黒沢監督の「七人の侍」で、まるでハリウッド映画のような顔して登場してますが、日本の作品です(^^)

今まで上映された映画の中からの100作品なので、年代も多岐にわたってますが、こうやって見ていると、どの世代の作品でも見てみたいな・・・と思いますね★

【過去記事】

ハリウッドが選んだTOP100映画

ハリウッドのテレビ関係者や、映画会社、オスカー受賞者などが選んだ映画のTOP100が発表されました。

スターウォーズⅦ

30年ぶりにハリソン・フォードがスターウォーズに出演!って言うのは、結構話題になってましたが、ふとキ

The Confession -コンフェッション-

The Confession -コンフェッション-

キーファー・サザーランド主演の「The Confession -コンフェッション-」 1話が6分前後

ディーンのお食事シーン

ディーン

season3もこの第15話を含めて2話で終わる・・・という時ですが、ディーンのお食事シーンを(*^

官能小説「Fifty Shades of Grey」の映画化で・・・

巷では、官能小説「Fifty Shades of Grey (フィフティ・シェイド・オブ・グレイ)」

スーパーナチュラル歴代子役:サム&ディーン

ペンダント

シーズン1から順番に・・・(*^^)v 生後半年のサムです(^^)いったい誰なのか、一切不明☆結構、

ボーン・レガシーのジェレミー・レナー

ジェレミー・レナー

いくつになっても、男性はきれいな女の人、女性はかっこいい男の人に目がいくものです。 ふと、マット・デ

スーパーナチュラル season6から・・・・

ラッキーにボールを投げようとするサム

リサとベンと3人で平和に暮らすことに慣れた頃でしょうか?サムが戻ってきました!というのが、seaso

「美女と野獣」続けて三本?

最近、アニメの実写版・・・と言うのが流行っているんでしょうか? ベル役をエマ・ワトソンが演じる・・と

Fifty Shades of Grey 続報

前回、官能小説「Fifty Shades of Grey (フィフティ・シェイド・オブ・グレイ)」が

キーファー・サザーランド主演「Touch」

touch

2012年2月25日からアメリカで放送された「Touch」放送前から、キーファー・サザーランドが出演

The Bling Ring by Sofia Coppola

ソフィア・コッポラ監督。フランシス・フォード・コッポラ監督の娘さんです。 彼女は、お父さんの撮る映画

ページの一番上へ